アニメの感想とかを中途半端なスクスレ語に乗せてお届けします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【感想】長靴をはいた猫
今日も今日とて感想垂れ流すぜ!
1969年公開、これまた東映動画の名作劇場アニメ
『長靴をはいた猫』を紹介するます
これも宮崎駿の代表作っぽいでしょうなあ……
この馬鹿店員がッ! 周囲(まわり)を見ろォ!
お前のせいでスタジオジブリコーナーに来てしまった!!
ジブリとは絵柄も何も全然違う玄人好みの扱いにくすぎる作品
見こなせねえとパンダコパンダより宮崎っぽくない
ただの化石みてえなもんだってのに何であのビデオ屋店員は?
まあおかげで見つけやすくて良かったですが

「何でネズミを助けた?」
「月がとっても青かったからさ」
お前は異邦人か?(ミシミシ

内容的には『どうぶつ宝島』を全てにおいて上回るといった印象ですなあ……ヒロインの萌え度だけは『どたから』の方が上だけどねェ―――!!! というか何で『どたから』より2年も古いのにクオリティが上なんです?
前半はミュージカル調に歌に乗せて踊ってるようなシーンが多いですが、ディズニーを意識したんですかね。性懲りも無くと言いたいがさすがだな東映動画……依然「東洋のディズニー」を目標にしていたとは!! 今は見る影もありませんけどなあ……

ストーリーは相変わらず原作改変が激しいですがァ
アクションものにする為には仕方ないでしょうなあ……
相変わらず単純で子供にも解りやすいですが、大人でも結構楽しめる話になってると思うます
見所は何と言っても終盤の魔王城でのアクションシーンですね
濃密で飽きの来ない動画が10分ほど続き、非常に見応えがあります
いや20分? 30分だったか? 覚えてねーよッ!!
所々『カリ城』などの後年の宮崎作品に出てくるアニメーションの雛形とも言えるようなカットもあり、歴史的にも価値ある逸品でます

何でピエールはいきなりメチャメチャ強くなってるんでしょうなあ……
というか姫は何で金も力もある魔王のところに嫁に行かないんでしょうなあ……魔王も変身出来るならイケメンになってから求婚すりゃいいじゃねーか!? 第一印象悪すぎだお前~~~
しかもルシファーってツラかお前~~~~

ヤ……ヤベェ……ヤベェよ兄貴……
主題歌の唄い出しがやけにウゼェ―――!!!
でもそのくせメロ部分の歌詞は渋すぎるねェ―――!!!
これをアニヲタ同士のカラオケで歌えば、一味違ったマニアをアピール出来て感じ悪いこと間違い無しです。んなわけねーよな!!

しかし『どうぶつ宝島』もそうですが、何で予定調和のハッピーエンドだからといって適当に流しちゃうんですかね
まあよく考えたらアニメのラストシーンってあんまり印象に残ってるのありませんけどなあ……
トトロとかもこの間見直して「はぁ~~~~!?ここで終わりかよお前~~~~」って思ったぞ俺~~~~
ラストカットがすぐに出てくるアニメなんてテクノライズぐらいます……
それは偏りすぎだろ俺~~~~~

ちなみに続編『80日間世界一周』は評判悪いので見てないぜ……!?

評価
★★★★★
くおおおおおおおもしれぇえええええ
スポンサーサイト

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。